本文へスキップ

社会福祉法人 桜梅会

令和4年度 基本方針



方針

 役員部会の提言(平成25年度)を基にして、各部署において中長期にわたる、事業計画・支援計画を立てて頂き「地域に開かれた」「地域に愛され」「地域から応援して頂ける」施設づくりを目指し、職員自らが行動を起こし計画を達成させていくという目標に向かって、様々な取組を行って頂いております。
 その主な取組として、地域交流委員会を中心に『触れ合い開放デ―』や地域に出掛けての『ボランティア活動』等を積極的に展開して頂いたお陰で、桜梅園の事を地域の方々にアピールする事が出来、理解を得られたのではないかと評価しているところです。
 しかし、開設31周年を迎える桜梅園には、「利用者の高齢化に依る支援量の増加」更には「職員(人材)確保の厳しさ」等々、依然として、大きな課題が山積致しております。
 更には我々、中小企業に於いても働き方改革関連法の適用が順次開始されます。「時間外労働の上限規約」「同一労働同一賃金」等々、制度導入に伴い、適切な労務(勤怠)管理が求められている処です。各制度について理解を深めて職場意識(ムリ・ムダ・ムラの排除等)の改善を図って参ります。
 併せて、今日まで進めてきた事業を更に発展させる為の取組に加えて、役員職員全員参加の下、「一人一役・全員主役」をモットーに良い知恵を出し合い提案していく中で、桜梅園の課題を一つ一つ解決し、「利用者、職員の笑顔が多く見られる施設作り」に、又、「虐待防止の強化」と「地域交流の推進」更には「ハラスメントの撲滅」に、尚一層取組み事業を進めて参ります。


具体的取組み

  1. 利用者の人権を尊重しゆとりのある生活環境を整え、健康の増進を図ります。
  2. 良質な人材育成、確保を図り、利用者が安心・安全・快適に楽しく生活が出来、満足が実感して頂けるサービスの提供をします。
  3. 地域社会との連携を強化し、利用者の社会参加を促進します。
  4. 保護者や家族との絆を深め、連携を図ります。
  5. 事業者の経営基盤の強化を図り充実したサービスの提供に努めて参ります。

 



information

丹波桜梅園

〒622-0331
京都府船井郡京丹波町中台桜梅37番地
TEL.0771-86-0085
FAX.0771-86-0020