社会福祉法人桜梅会 障害者支援施設「丹波桜梅園」は京都府の中心部に位置し、

丹波高原の赤松林の山並みに囲まれた高台に、今から31年前、京都市内在住の知的障害児

を持つ保護者の有志の会から障害者福祉の実情を聞かされた、当時の地元瑞穂町長、

丹波町長様の熱い英断により設立準備委員会を設置し平成3年3月1日開園致しました。

 丹波桜梅園では、役員部会の提言を基にして、各部門において、中長期にわたる事業計画

や支援計画を立てて「地域に開かれた」「地域に愛され」「地域から応援して頂ける」施設

づくりを目指し、職員自らが行動を起こし計画を達成させて行くという目標に向け、25年度

より取組んで来た処でございます。

 30年目を迎える事が出来ました事は、偏に役員、保護者、地域の方々、そして利用者と

職員各位のご理解とご協力のお陰と感謝を致し、併せて、先人の皆様のご苦労に感謝し、

敬意を表するものでございます。

 しかし、桜梅園には、「利用者の高齢化に依る支援量の増加」・「職員(人材)確保の難

しさ」等々、大きな課題が山積を致しております。これらの課題を、皆様のご協力を頂く中

で、職員が一丸と成って「創意工夫」の下、良い知恵を出し合い一つ一つ解決を図り、「利

用者、職員の笑顔が多く見られる施設作り」に、尚一層、取組んで参ります。




    『丹波桜梅園 中長期事業・支援計画(平成25年度〜)』


1.目標 地域に開かれた、地域に愛され、地域から応援して頂ける施設づくりを目指す。

2.内容
 @外部関係施設・機関との交流を深める。
   町内作業所・社会福祉協議会、そして丹波桜梅園の3者が、それぞれの機能・
   役割をお互いに活かし、地域における福祉の輪の形成に向けて、働きかけていく。

 A作業環境を整える。

 B自ら行動し、学び、仕事に活かす。

 C地域の皆様にもっと丹波桜梅園を知って頂ける様、「ふれあい開放デイ」を開催する。
   来園して、利用者の方と触れ合って頂ける回数を増やし、利用者理解を深めて
   頂き、地域の皆様から「ボランティア」の芽(声)が起きてくる事を目指す。


社会福祉法人 桜梅会
理事長  山ア要志




      

沿革

昭和61年  7月 法人設立準備会の結成
       11月 後援会発足
平成 2年  2月 法人設立認可
    3年  3月 竣工、開園
    5年  6月 第1作業棟完成
    8年  8月 地域後援会発足
    9年  3月 第2作業棟完成
   12年  4月 桜梅園後援会、地域後援会の合併による桜梅会後援会発足
   13年  3月 開設10周年記念式典・記念誌発刊

   14年  6月 第3作業棟完成
    15年  4月 『ショートステイ丹波桜梅園』 開設(併設)        
    16年  4月 呉竹棟完成(利用者居住棟)
   18年  2月 自活訓練事業開設(みずほ寮)
   18年 11月 第3作業棟増設
   20年  6月 新体系移行  『障害者支援施設 丹波桜梅園』 開設
            グループホーム・ケアホーム 『丹波桜梅園 みずほ寮』 開設
   22年  4月 丹波桜梅園 定員40名に変更
   23年  3月 開設20周年記念式典・記念誌発刊
   24年  2月 丹波桜梅園改修工事 完了
   25年  4月 
中長期事業計画 策定
   26年  5月 指定特定相談支援事業・障害児相談支援事業
                     『相談支援センター みずほ』 開設

   28年  9月 開設25周年記念事業・供養塔 建立
    29年 12月 丹波桜梅園みずほ寮 パッケージ型スプリンクラー 設置
令和 3年  3月 開設30周年記念式典・記念誌発刊


トップページへもどる